タッキーのストイックすぎる趣味?!?!※アフリカでサバイバル?!?!?




Pocket

ジャニーズ事務所で“小さいジャニーさん”と呼ばれている、タッキー&翼滝沢秀明さん

ジャニーズに入ったばかりの頃はまだマネージャーもおらず、自分で食事や体調管理、衣装チェックなどを行い、仕事場へ赴いていたそうです。




まだジャニーズJr.だったが、滝沢さんによれば「そのときの状況にどう対応できるかというのを試されていた」のだといいます。

そんな滝沢さんは、わずか15歳でオーディションの審査員をしており、関ジャニ∞横山裕さんのオーディションのときにも立ち会っていたそうです。

そして16歳でジャニーズJr.のリーダーを務め、当時、先輩から後輩まで120人ほどいたJr.たちをまとめていました。

ジャニーズJr.初のコンサートを、東京、大阪、名古屋の3大ドームで行うなど、若くしていろいろなチャレンジをしてきた滝沢さん

↓こちらも合わせてどうぞ↓

タッキー&翼の解散理由・・・

タッキー&翼、活動休止の真相。実は犬猿の仲だった!?

タッキー&翼の活動休止決定、SMAP解散に続く激震にファン悲鳴

来年で13回目を迎える『滝沢歌舞伎』シリーズでは、自ら座長、作・演出を務めているが、その舞台にもJr.の頃の経験が生きているのでしょう。

仕事に対して常にストイックな滝沢さんですが、最近ではプライベートの趣味にも、そのストイックさを発揮しているらしいです。

TOKIOのレギュラー番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演した際、滝沢さんは「(最近)サバイバルが好き」と告白。

それまでは自然に興味がなく、山を見てきれいだと思うようなことはなかったといいます。

しかし、30歳を過ぎたあたりから、自然に対して感動するようになり、「寝袋とテントだけ持って、食料ちょっとだけ持って、サバイバルする」と明かしています。

TOKIOメンバーから「どこに行くの?」と聞かれると、滝沢さんは「アフリカとか」と返答。

メンバーたちを驚かせていました。




そのときは、1週間ほど現地に滞在したらしいが、昼間は気温が55度ぐらいになる過酷な状況だったそうで、日陰を作ってひたすら耐えていたのだとか。

それを聞いた松岡昌宏さん

「0か100の人間なんだね」

「自分を追い込むのが好きなんだな」

と言われ、滝沢さんは「好きですね。それに気づいたのが30過ぎてから」と認めていました。

今年15周年を迎えたタッキー&翼は、9月3日に活動休止を発表しました。

グループとしてより良いパフォーマンスをするために、それぞれがスキルアップを目指すといいます。

自他ともに認めるストイックな滝沢さん




この期間に、また驚くような成長を見せてくれることでしょう。

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村
クリックよろしくお願いします(*”ω”*)